効率よいDHA・EPA摂取には、まず調理法から見直そう

魚の脂に多く含まれる成分であるDHA・EPAには、私たちにとって有益な作用がたくさんあり、積極的な摂取が勧められています。モンドセレクションを受賞したきなりサプリもDHAのサプリです。

それぞれ特徴があり、DHAは、高脂血症や高血圧と言った生活習慣病の改善に効果があります。また、神経細胞の発育や機能維持に関わることが知られ、記憶力の向上や頭の回転をよくすることだけではなく、認知症の治療にも期待されている成分です。

EPAには、血栓の生成を抑制する作用やDHAと同じくコレステロールを低下する効果があります。このように体にいいDHA・EPAですが、食事から摂取する上で気を付けたいことがあります。まずは調理法です。DHA・EPAは魚の脂に多く含まれます。そのため、脂をなるべく逃さない、刺身や煮汁も一緒に摂れる煮魚が効率的に摂取できると言われています。

また、DHA・EPAが酸化しやすい成分であることも気を付けなければいけません。酸化されると効果が無くなるだけでなく、悪影響になる場合もあります。酸化を防ぐためには抗酸化作用のある緑黄色野菜と一緒に食べることがお勧めです。DHA・EPAの特徴を把握し、効率よくDHA・EPAを摂取していきましょう。

 

中性脂肪やコレステロールの値が高い時の危険性について

健康診断で血液検査をしますが、その時に中性脂肪やコレステロールの値が高い人が増えてきています。あまり太っていない人でも高い事があるので日常生活の中の食事には注意しなければいけません。最近では和食より洋食を食べる人が増えてきているので肉類など脂質が多く含まれている食べ物を食べる機会が多くなっています。それで中性脂肪やコレステロールの値が高くなっている可能性もあります。

中性脂肪やコレステロールの値が高いという事は血液がドロドロになってる可能性が高いので血管系の病気になってしまうリスクも高くなります。動脈硬化、脳卒中など命に関わる病気になる可能性もあります。また心臓に負担がかかるようになるので心筋梗塞になってしまうリスクも高くなります。健康面を考えると中性脂肪やコレステロールの値を正常の戻す必要があります。

中性脂肪やコレステロールの値を正常に戻すには野菜や魚などを食べるようにして悪玉コレステロールを少なくしていく事が大切になってきます。また定期的に運動してダイエットをしながら体質改善をしていく事も大切になってきます。